2010年02月25日

BVLGARIの腕時計販売店

世界にはオンラインでBVLGARIの腕時計が買えるお店がいくつかあるようですね。

今回紹介する最初のサイトはやはりBVLGARIの本家公式サイトのこちらから

デザインの高さが伺えるサイトですね。もともとブルガリ腕時計はスイスの時計とブルガリのデザインを融合してつくられたそうで、最初はまだ1970年代あたりだったでしょうか。比較的若いメーカーだといえるでしょうか。

これからも、また、今までも愛されて愛されてる腕時計であることは間違いなさそうですね。

本家のサイトには英語のほかにフランス語、中国語、日本語、韓国語版もあり、それらの各国では特に人気があるようですね。
posted by wristwatch at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | BVLGARI腕時計の思い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

TAG Heuerの腕時計

TAG Heuer本家のウェブサイトはこちらにあるように、第一印象で多くの人が感じるのはやはりその高級感とスポーティーさの品のあるすばらしさだと思います

ウィキペディアによる紹介はこちらに紹介がされています。

1969 -- The World's First Automatic Chronographs(ストップウオッチ)も注目的な歴史になるのでしょう。

やはり世界をリードする時計メーカーは何かしかのはじめからすばらしい実績がおおきいですよね。
posted by wristwatch at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | TAG Heuer腕時計の思い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

paneraiウォッチを調べて

まずは本家のオフィチーネ・パネライのサイトを参考にするとクラシックヨットのサポーターであったりとユニークで貴重な活動もたいへん魅力できですね。

海外のヨットってほんとに魅力的なものが多いと感じています。
さすがイタリアの高級腕時計ブランドメーカーだけあって創業経緯も軍事的な開発などで海外とのかかわりもあり面白く感じます。

ウィキによる紹介にはその辺のことも少し紹介されています。
posted by wristwatch at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Panerai腕時計の思い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。