2009年10月10日

特許も多いFRANCK MULLERの時計について

まず最初におとずれたこちらのサイトをみると機械仕掛けのわかる時計が現れる。それからサイトのビデオをみると、巧妙に動いている時計のぜんまいの動きが美しい。

人気の高さと特許の多さもなるほどなぁと実感してきそうです。

1958にできたまだ比較的新しいスイスの時計メーカーで、スローガンはmaster of complicationというタイトルでぜんまい仕掛けのよさをとことん追求しているようなイメージを感じます。

日本にあるサイトも特色があっていい感じです。wikiによる会社紹介もくわしいです.

* Aeternitas
* Revolution2
* Revolution3
* Crazy Hours
* Colour Dreams
なども人気の時計でたいへん斬新なものです。

posted by wristwatch at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FRANCK MULLER腕時計の思い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。