2009年10月10日

ロレックスとの出会い

最初に私がロレックスの時計をみたのはお得意さんお店の社長さんが腕に付けられていた時計です。しかも2つも付けられていましたのでたいへん記憶が高いです。

その高級感と重厚なつくりが印象深く残っています。

サイトをみても世界での人気の高さが伺え サイトには8カ国語の選択から最初に訪れた人への国のサイトへいけるようになっています。

サイトも高級感が漂うサイトです。一度訪れてみて動画などの説明をみれば1つは絶対欲しいと感じてくる人も多いように思います。

ウィキによるrolex
posted by wristwatch at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ROLEX腕時計の思い・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。